簡単なファブリックボードの作り方(断熱材使用)

YouTube Preview Image

整体や雅にはファブリックボード(ファブリックパネル)がいくつか飾ってあります。

どうやって作ってるんですかとお客さんにきかれることがあるので作り方を紹介したいと思います。

用意するもの

断熱材(カネライトフォーム)

生地

カッター

ハサミ

ヘラ

ニンジャピン

ホームセンターかネットで断熱材を手に入れます。

カネライトフォームという断熱材は色が白っぽく色が透けないのでおすすめです。

私は厚さ25ミリのものを使っています。

好きな大きさに断熱材をカッターで切ります。

カットした断熱材の裏返し、2cm内側を深さ半分くらい切り込みを入れます。

あまり深く切ってしまうと割れるので注意してください。

好きな生地を切ります。ボードより左右56cmくらい大きく切ってください。

切りたくない場合は大きくてもかまいません。

アイロンでシワを伸ばします。

生地を裏返してその上の中央に裏返した断熱材を置きます。

ヘラを使って生地を切り目に入れていきます。生地をひっぱりながら入れるとシワになりにくいです。

角も斜めにひっぱって切り目に入れます。

ピンを引っ掛ける穴をあけます。

私はシャーペンであけています。カッターで十字に切りこみを入れてもいいようです。

ニンジャピンという穴が目立たないピンがおすすめです。

少し高いですが賃貸の方は使った方がいいと思います。

断熱材は軽いのでピンだけで支えられます。

板を使ったファブリックボードは重いので木ネジ等で支える必要があります。

そうなると大きな穴があいてしまいます。

タッカー(ホッチキスの大きいみたいなもの)だと生地に穴があくので

張り替えや再利用したい人にはおすすめできません。

今回は断熱材の大きさが足りないので、布が余っています。

しばらくするとシワになることがあるので布はしっかりひっぱりながら作って

ください。

今回のアイロンがけは甘かったので少しシワを残ってしまいましたが。

アイロンもしっかりあててください。

寝室を自分の好きな空間にするのはおすすめです。

気持ちよい空間にすると寝つきも寝起きも良くなります。

簡単なので試してみてください。

▼ 整体や雅について ▼

お客様の声

よくある質問

整体や雅~miyabi~

【住所】
大阪市西区北堀江1-13-8
キルシェ北堀江501
【営業時間】
13:00〜21:00

※午前中の予約は前日までに要相談

※急遽お休みを頂く場合があります
お電話にてお問い合わせください。

整体や雅 facebook

整体や雅 ブログ

ページのトップへ