オーダーメイド枕があなたの体に合わない本当の理由

ARVE Error: id and provider shortcodes attributes are mandatory for old shortcodes. It is recommended to switch to new shortcodes that need only url

オーダーメイド枕は体に合わせて作られていると思われていますが

実際は違います。

自然な立ち姿勢をそのまま横にした姿勢が理想の睡眠姿勢である。

この間違った理論で作られたオーダーメイド枕の高さが体に合うはずがありません。

立っている状態と寝ている状態は全く違うからです。

重い頭を支えているから背骨のカーブ(生理的湾曲)ができているわけで

寝ている時は頭を首で支える必要はありません。

睡眠中は首のカーブを作らず、首を伸ばした状態にするとしっかり休ませることが

できます(起きているときはまっすぐになると負担になります)

立っている時や座っている時に首のカーブを計測しても意味がありません。

結局寝てもらっても高さが合わないので最終的にお客様の好みにしているだけです。

横向きも立ったまま計測しても意味はありません。

寝ると肩が自然に巻き込み、リラックスするとさらに巻き込みます。

横向きの方がマットレス(布団)との接触している面積が小さいので沈みやすいのです。

面白いことに仰向けと横向きの高さがちょうど合う高さというものがあります。

ただし、この高さは体のことをしっかりみてきた人間でないと調整は難しいです。

当店は寝た状態で首の角度や寝返りのうちやすさをチェックし、1ミリ単位で高さを

調整していきます。

家でリラックスして自分のベッドで寝る時は体の沈み方も変わるので私が

アドバイスさせていただきます。

本当に体に合わせてオーダーメイド枕を作りたいという方は

私にお任せください。

▼ 整体や雅について ▼

お客様の声

よくある質問

整体や雅~miyabi~

【住所】
大阪市西区北堀江1-13-8
キルシェ北堀江501
【営業時間】
13:00〜21:00

※午前中の予約は前日までに要相談

※急遽お休みを頂く場合があります
お電話にてお問い合わせください。

整体や雅 facebook

整体や雅 ブログ

ページのトップへ