ストレートネックにタオル枕は危険!

ストレートネックは病気ではありません。

はっきりした定義もありません。

レントゲンを撮ってストレートネックですねと言われて

一生治らないんでしょうかと相談にみえる方は結構多いです。

ストレートネックは猫背や巻き肩と同じただの不良姿勢です。

一生治らないものではありません。

多くの現代人はスマホやパソコンの使いすぎで頭が前に出て、

首にいつも負担をかけています。

首が過度に緊張すると肩や首がこり、頭痛やめまい、吐きげなどの症状を

引き起こします。

ストレートネック用の枕が多く売られていますが、枕でストレートネックの矯正はできません。

寝ているときに首のカーブを作るなんてあまりにも幼稚な考えです。

タオルを丸めたような枕や半円形の枕、低反発に多い波形の枕、ドーナツ状の枕は

首の部分を持ち上げるように首を圧迫し続けます。

硬くて血流が悪くなっている首を一晩中圧迫し続けていい結果になるとは考えられません。

首を下から持ち上げることで頭が不安定になり、首への負担も大きくなります。

寝返りもうちにくくなるので血液やリンパ液の流れも滞って、痛みやコリを蓄積

させてしまいます。

現にこのような枕を使って症状が悪化したというお客様が多くいらっしゃいます。

首を支えるような形状の枕は危険です。

自然な立ち姿勢をそのまま横にした姿勢が理想的な睡眠姿勢である

こんな馬鹿げた考えに騙されないでください。

あなたは寝具メーカーよりももっと頭が良いはずです。

ネットの情報に惑わされずに、自分の頭で考えてください。

人間は重い頭を支えるために背骨がS字のカーブになります。

寝てしまえば重い頭を支える必要がなくなって、筋肉も靭帯も緩むので背骨のカーブがゆるやかになります。

そして首はカーブを作るのではなく自然に伸びているのが理想です。

ストレートネックはレントゲンで判断されることが多いですが、レントゲンの撮影方法にも問題があります。

首のレントゲンは縦長で撮影するので、あごを引いてくださいと言われることが多いです。

あごを引くと首の骨はまっすぐに近くなります。

そのまま頭が前に出た状態で撮影しても首の骨はまっすぐに見えます。

そもそも日本人は西洋人と比べて首の湾曲があまりありません。

レントゲンをとってストレートネックと言われても気にしないでください。

いえ、ちょっとは気にしてください。

姿勢が悪くなっている可能性は高いです。

私のオーダーメイド枕でストレートネックそのものを治すことはできません。

しかし、ストレートネックの症状は軽減させることはできます。

頭をしっかり支えて、理想的な首の角度にして寝返りをうちやすくしてあげれば

症状は抑えられます。

普段の姿勢のアドバイスもしますのでお悩みの方はお問い合わせください。

 

 

整体や雅のオーダーメイド枕

http://seitai-ya.com/makura

 

▼ 整体や雅について ▼

お客様の声

よくある質問

整体や雅~miyabi~

【住所】
大阪市西区北堀江1-13-8
キルシェ北堀江501
【営業時間】
13:00〜21:00

※午前中の予約は前日までに要相談

※急遽お休みを頂く場合があります
お電話にてお問い合わせください。

整体や雅 facebook

整体や雅 ブログ

ページのトップへ