ロングスリーパーはなおるのか?

1日に9時間以上眠る人をロングスリーパーといいます。
睡眠時間は人それぞれに適した長さがあります。
8時間以上眠っても日中に眠気のある方はロングスリーパーかもしれません。
ロングスリーパーはうまく社会に適応できない場合があります。
学生なら授業中に寝られますが(?)社会人になると仕事中に寝るわけはいきません。
通勤時間や勤務時間を考えると一日に9時間や10時間眠る時間は難しいですよね。
ロングスリーパーが上手に仕事をしていくには以下の方法があります。
~ロングスリーパーが睡眠時間を短縮するには~
○起床時間は一定にする。就寝時刻を1~2週間ごとに15~30分ずつ遅くすること
○日中に軽いウォーキングをすること
○昼休みに15~20分ほどの仮眠をとる。夜の睡眠に影響するので30分以内にすること
○夜はコンビニ等の明るい場所に行かない。夜は蛍光灯ではなく電球色のライトを使うこと
○テレビをダラダラ見ない。就寝前のテレビ、パソコン、スマホは控えること
○夕食はやや軽めに。就寝の3時間前にはすませること
○就寝の1時間前に38~40度程度のお風呂に入ること
○適切な枕、マットレスを選び睡眠の質を上げること
日中にボーッとしていると思わぬミスや事故の原因にもなります。
うまく睡眠をコントロールしていきましょう。
▼ 整体や雅について ▼

お客様の声

よくある質問

整体や雅~miyabi~

【住所】
大阪市西区北堀江1-13-8
キルシェ北堀江501
【営業時間】
13:00〜21:00

※午前中の予約は前日までに要相談

※急遽お休みを頂く場合があります
お電話にてお問い合わせください。

整体や雅 facebook

整体や雅 ブログ

ページのトップへ