いびき

 

 

枕を最適な高さにして空気の通り道を広くすることでいびきは軽減します。
また寝返りをうちやすくすることで効率的に疲労を回復します。
疲労やストレスもいびきの一因なのでいびきはさらに軽減されます。

枕は高すぎても低すぎてもいびきをかきやすくなります。
ほんの数ミリでもいびきの大きさが変わるのです。
枕の正確な高さは自分ではわかりません。
自分に合っていると思っている高さはあなたの好みでしかありません。

いびきにはいくつか対策がありますが、適正な枕にするのは
ほとんどの方に有効です。
しかし、一般的なオーダー枕は身体に合わせて作られていません。

私は1ミリ単位で身体に合わせて高さを調整できます。
枕は横になってリラックスした姿勢で高さを調整する必要があります。
いびきは数ミリでも大きさが変わってきますので、ぜひ私にお任せください。

いびきの口コミもお客様の声に掲載していますのでご覧ください。

こんな症状は要注意!!いびきをかいている可能性が高いです。
  • ・朝起きたときにノドが乾いてる
  • ・仕事や家事による疲労やストレスがある
  • ・朝起きたときに頭痛がする
  • ・朝起きたときに身体が疲れている
  • ・お酒をよく飲む
  • ・たばこを吸う

いびきは高血圧、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、糖尿病などを引き起こす原因になります。
また睡眠時無呼吸症候群に移行する場合も多く、注意が必要です。

近年、非常に女性のいびきが非常に多くなっています。
女性はパートナーより遅く眠り、早く起きることが多いため、指摘されにくいのかもしれません。
スマホのアプリ等でも簡単にチェックできるので一度お試しください。

いびきをかく人の身体的特徴
  • ・肥満の方
  • ・首が太くて短い
  • ・下顎が小さい、後退している
  • ・鼻が低い、鼻筋が曲がっている
  • ・鼻炎等で鼻づまりになる
  • ・扁桃腺、甲状腺が大きい
  • ・舌や口蓋垂(のどちんこ)が大きい、長い
  • ・上気道がせまい
  • ・舌根や軟口蓋が落ち込む
  • ・猫背・巻き肩になっている
  • ・呼吸が浅く酸欠状態になっている・口呼吸
  • ※上記の特徴は睡眠時無呼吸症候群の方にも多くみられます

疲労、飲酒、風邪、花粉症などの場合は一時的にいびきはかきやすくなります。

※いびきには様々な原因があるため、効果には個人差があります。
うつぶせ、横向きでもいびきをかく場合、無呼吸症候群の可能性が考えられます。
検査することをおすすめします。

▼ 整体や雅について ▼

お客様の声

よくある質問

整体や雅~miyabi~

【住所】
大阪市西区北堀江1-13-8
キルシェ北堀江501
【営業時間】
13:00〜21:00

※午前中の予約は前日までに要相談

※急遽お休みを頂く場合があります
お電話にてお問い合わせください。

整体や雅 facebook

整体や雅 ブログ

ページのトップへ